blog

【初心者向け】ブログで簡単に収益化する方法【nend】

f:id:Toshiki831:20200609012910j:image

「ブログ始めて数ヶ月経ったけどまだ収益0円。。🥺」

 「Googleアドセンスにまだ合格してない😭」

本記事では、こんな人の悩みを解決します。

ブログを始めたら誰もが一度は夢見る初心者の登竜門「GoogleAdsense」

審査が厳しく、なかなか合格できないことで有名ですよね。

コロナウイルスの影響で合格するどころか、審査すら受けられない人も続出しています。

そんなときおすすめなのが、

Googleアドセンスと同じクリック型広告nendです。

私も実際にnendを利用してます。実際に利用してみると、めでたいことに広告をつけて17時間で収益が出ました。

本記事では、私が実際に使ったみた感想等を含め、登録方法や使い方等、徹底解説していきます。

 nend(ネンド)ってなに?

A8.net(日本最大級のアフィリエイト広告サービス)を運営する会社「株式会社ファンコミニケーションズ」が行っているスマホ専用広告サービス

Googleアドセンスと同じクリック型報酬を主としたサービスです。

広告コードをブログやホームページに貼るだけで自動的に広告が表示され、広告をブログの閲覧者がクリックすると、収益が発生する仕組みです。

nendのメリット

無料で利用できる

登録は無料です。解約や継続に費用がかかることはありません。

収益化が簡単

nendでは0円⇒1円が楽に達成できます。

私が実際に広告を貼ってから、17時間後に「2円」の初収益が発生しました。

ブログを運営する上で最も必要不可欠ともいえる「継続力」

「いくら続けても収益がでない。」という声もたくさん聞きますよね。

総務省の調査によればブログを運営する人の約4割は収益が0円なのだとか。

「初収益」は運営する上で最大のモチベアップツールですよね。

ブログを始めてから「2円」が発生していた時の感動は一生忘れられません。

仮登録までは3分ほどで終わります。審査待ちまで終わらせておきましょう。

まだこの感動を体験していない方のために申し込みページのリンク張っておきます。

審査がやさしい

Googleアドセンスとは比べ物にならないほどの審査のやさしさ。

nendでの審査は形だけです。実際、申し込みさえすれば誰でも審査は通ります。

好きなところに設置できる

広告は自分の好きな場所に設置できます。
「ヘッダー」、「フッター」、「記事の中」、「記事の下」、「新着の一覧」や「お勧め記事内に埋め込む」など自分で設定できます。

広告の種類が豊富

なんといってもnendは広告の種類が多い。

「インライン」「オーバーレイ」「ネイティブアド」「インタースティシャル」と、様々です。

インライン広告

アドセンスはこのインライン広告がメイン。

ヘッダーに張り付けるとサイト上部に。

フッターに張り付けるとサイト下部に表示されます。

ヘッダーに張り付けた場合こうなります。

f:id:Toshiki831:20200609003949p:image

オーバーレイ広告

f:id:Toshiki831:20200609003959p:image

オーバーレイ広告にすると、コンテンツにかぶさるように画面下に固定された広告が表示されます。

インタースティシャル広告

f:id:Toshiki831:20200609004052j:image

記事を閲覧する前に大きく表示されます。広告の表示タイミングの設定もでき、クリック率は非常に高いです。

ネイティブアド

f:id:Toshiki831:20200609004234p:image

記事内に溶け込むように広告をなじませることができます。

と、こんな感じで自分の好きな広告をカスタマイズできます。

インプレッション型報酬

f:id:Toshiki831:20200609004627j:image

以前、クリックされていないのに収益が発生していることがありました。気になってお問い合わせをしてみたところ、これは『インプレッション型報酬』というものなのだそうで。

稀に発生することがあるようですが、自分で設定することはできません。企業様の気分ということで。

nendのデメリット

報酬単価が低い

nendの広告報酬は基本的に1クリック2円

Googleアドセンスの報酬単価は1クリック数円~40円程度ですから、

「nendがあるからに申請しなくても大丈夫」ということはありません。

Googleアドセンスが合格するまでの「アドセンス下位互換」の認識がいいと思います。

画面が狭くなる

言うまでもないですが、オーバーレイ広告等を挟むと記事が見にくくなります。

クリック率が高まるからと言って、広告を貼りまくるのはやめましょう。

 

Googleアドセンスに影響する説

これはnendだけに言えることではないですが、バナー広告の張りすぎはGoogleアドセンスの審査に悪影響を及ぼす危険性があります。

f:id:Toshiki831:20200609003910j:image

しかし、実際にnendを貼ったままアドセンスに合格している人も多いので気にする必要はありません。広告の張りすぎに気を付ければ問題はないでしょう。

 実際に使ってみた感想

まだ登録してから1か月も経っていませんが、PVおよそ4,000~6,000でうまい棒6本ほどの収益が上がっています。

私の場合、記事の見やすさを優先しているため「インライン広告」と「オーバーレイ広告」のみ張り付けていますが、もっと多く貼ったり、「インタースティシャル広告」を貼ればさらに多額の収益が期待できます。

0円⇒1円の感動をまだ体験していない方は登録必須ですね。

サクッと登録しておきましょう。

関連記事:

【小学生でもわかる】複雑なnend(ネンド)の申し込みから広告掲載までの流れを解説

-blog

© 2020 BURGER BLOG Powered by AFFINGER5