blog

【真似してOK】複雑なnend(ネンド)の申し込みから広告掲載までの流れを解説

nend

「nendの申し込み方法がいまいち…」

「広告の貼り方が複雑すぎて。。。」

こういった悩みを解決します。

nend(ネンド)の登録、めちゃくちゃ複雑ですよね。

実際、私もなにも見ずに進めてみたらまったくわかりませんでした。調べながらやってみてもこれであってんのかな?って思ってたこともあります。

本記事では画像を使った分かりやすい広告の貼り方稼ぎやすい広告の位置まで深堀していきます。

「nendって何?」という方はこちらの記事を参照してください。

申し込み方法

この章ではnendの申し込み方法について解説します。申請作業は3分ほどで完了します。

申請から承認までに期間は2~3営業日程度です。
私の場合は、土曜日に申請して火曜日に承認されました。

お申し込みはnendの公式サイトから行います。

まずはこちらからnend公式サイトへ入りましょう。

申し込みの流れ

1. nendの公式サイトから登録申請

1. 公式サイトから右側の「メディア様はこちら」をクリック

2. 右上のメダルのアイコン「会員登録」をクリック

3. 「メディアパートナーご登録ページ」が表示されるので必要事項を入力してください。

4. 下にスクロールすると利用規約及び「個人情報の取り扱いについて」「個人情報保護方針」が表示されます。「同意する」にチェック

5.「確認する」をクリックします。

6. 記入した内容に間違いがなければそのまま送信して申請は完了です😊

2. 仮登録完了のメールが届く

申請内容を送信が完了するとnendから登録したメールアドレス宛に「仮登録完了のお知らせ」自動送信メールが受信されます。

※ 自動送信メールは申請後すぐに送られてきます。

【送られてこない場合】

理由はいくつか考えられます。

1. 迷惑メールに送られている。

設定によっては迷惑メールに受信している可能性があります。確認してみてください。

2. 入力したメールアドレスに誤りがある

もう一度申請内容を確認してみましょう。

3. 読み込み中

容量によっては受信に時間がかかるかもしれません。30分ほど待ってみてそれでも届かなければ公式サイトからお問い合わせフォームもありますので連絡してみてください。

3. メール内のURLをクリックして認証する

受信したらすぐにメール内のあるリンクをクリックしてください。クリックすると本人確認が完了します。

リンクの有効期限はメール到着後24時間以内ですので届いたらすぐに本人確認しておきましょう。

再度 nendから自動送信メールが届きますが、そこでは手を加える必要はありません。

ここから審査が始まります。

4. 審査が完了。承認されたら広告を貼る準備。

2日〜1週間ほどで審査が通りましたという趣旨のメールが届きます。

5.アカウント情報を登録する

nendから承認の連絡が届いたら、さっそくアカウント情報を登録します。

まずは公式ページにログインしましょう。
公式サイト上にある「ログイン」から入ることができます。

申請の際に入力したメールアドレスとパスワードを入力しログインします。

nendで報酬を受けるにはアカウント情報の入力が必須です。

振り込まれる講座を登録しておかないと収益が発生しても意味ないですからね。

1.「アカウント」をクリックします。
2.「基本情報」をクリック

3.「基本情報」と「受取情報」をそれぞれ編集してください。

6.広告枠の作成

ここからが難しい広告の設置についてです。

1.管理ページで広告枠を作る

nendの管理ページで作業を行います。

1.広告枠の管理タブから「広告枠」をクリック

2.示される広告枠の画面で「新規広告枠の作成」を選択

3.新規広告枠の作成ページが開いたら広告枠情報から自分のサイトを選択
複数のサイトを登録している場合は、広告を表示したいサイトを選んでください。

 

4.「作成」をクリック

新規広告枠の作成ページが表示されます。

これから必要事項を入力し広告枠を作成していく作業になります。

nendは広告の種類が豊富で広告によって必要記入項目が若干異なります。複雑な専門用語も出てくるので戸惑う方も多いですよね。

今回は一番主流のバナー広告をサイトに設置する方法を例に解説していきます。

1.サイト/アプリ

広告を表示させたいサイト名です。ここは何を入力してもエラーにはなりません。

私のブログの場合、「バーガー/大学生雑記ブログ」と記入します。

2.広告タイプ
「静止画」を選択

3.広告のタイプ
今回は「バナー」を選択します。
それ以外にも、「アイコン」や、「ネイティブアド」といった選択肢があります。

「ネイティブアド」や「インライン」といった広告の種類についてはこちらで解説しています。

4.広告枠名
ここはテキトーで構いません。
複数の広告を掲載したときに、どの種類の広告から収益が発生しているのかを確認する際に一覧として表示される名前になります。

個人的には掲載する場所や広告の種類を入れておけばいいと思います。

例:バナー記事下、バナーヘッダー、ネイティブアド等

5.広告枠の形式

「インライン」を選択します。

「選択してください」をクリックして「その他」を選択してください。

6.広告枠の紹介

ここもテキトーで大丈夫です。

ただ、詳細を記入するように書かれているのでnendでは重要な働きをするのでしょうか。調べてもこちらに関する記事はありませんでしたがそれなりのことを書いておけばいいでしょう。

7.広告枠のサイズ

サイトに表示させる広告のサイズです。何を選んでも問題ありません。

大きさの目安をこちらに挙げておきます。

8.バナーの表示サイズ

「レスポンシブ」を選択してください。

こちらを選択しておくと閲覧者の端末にあわせたサイズに自動的に合わせてくれます。

これでとりあえず広告枠の作成における必要事項の入力は完了です。

「作成」をクリックしてください。ここから向こうの審査が始まります。

承認されるまで広告枠のページで「承認中」と表示されます。

こちらが「アクティブ」に代わると広告がサイトに掲載されます。

承認までの時間

時間に関してはかなり個人差があるようです。

私の場合、水曜日の昼に申請したら木曜日の11時ごろに承認のメールが届きました。

夜帯や深夜帯に申請するともしかしたら2日、3日かかるかもしれません。
承認されるまでにサイトのどこに貼るか考えておくとよいです。

広告を自分のサイトに設置するやり方

広告枠が「アクティブ」になったらさっそく広告コードをサイトに設置していきましょう。

nend側の手順

1.管理ページにログインします。

2.「広告枠の管理」タブにカーソルを合わせるとメニューが表示されます。

3.「広告枠」をクリック

4.対象の広告の下に表示される「広告コード」をクリック

5.すると、広告コードの取得ページが表示されます。
「amp-adタグ」と「広告コード」が表示されますが、「広告コード」を選んでください。

6.コピーしておきましょう。

サイト側の手順

 はてなブログの場合

デザイン⇒スマホアイコン⇒カスタマイズ⇒ヘッダーor記事下orフッタ(好きなところ)に先ほどコピーしたHTMLコードをペーストしてください。

WordPressの場合

追記予定

まとめ

今回はnendの登録方法、使い方・貼り方まで解説しました。

実際私も初収益はこのnendからです。あの感動は忘れません。

0円⇒1円の壁を超えるには最適なサービスだと思っています。

まだ登録してないひとは登録しときましょ。

-blog
-,

© 2020 BURGER BLOG Powered by AFFINGER5