未分類

Twitterのビジネス勧誘にまんまとハマってみた。【全トーク公開】

f:id:Toshiki831:20200531012207j:image

Twitterで知らない人から急にDMくることってよくありませんか?

👩「あなたに会ってみたいなぁ♡」とか、

👨「誰でも簡単にお金稼げる方法教えますよ!」とか。

でも私たちって昔から「知らない人にはついて行っちゃいけないよ」

ってずっと言われてきましたよね。

なんか昔から気になってたんですよね。

知らない人についていったらどうなるのか?と。

今回は「誰でも簡単にお金稼げますよ!」のジャンルからDMいただきました。

f:id:Toshiki831:20200530231022j:image

休憩時間で簡単にお金を稼げるならそれに越したことなんてありません。

私だってお金は欲しいですから、好奇心でまんまとハマってみることにしました。

DM勧誘に返信してみた。

さっそく、DMに返信をしてみました。

f:id:Toshiki831:20200530232540j:image

こういった勧誘は私のような大学生にはかなり頻繁に起こることです。

これだけ頻繁だと機械的に送信されてるのか?と思っていましたが、しっかりとした人間が操作していることはわかりました。

さらに返信していきます。

f:id:Toshiki831:20200531010444p:image

よくありますね。LINEの追加を求められました。

友達追加は少し抵抗がありますが、簡単にお金を稼ぐ方法が知りたいので追加してみることに。

ビジネス勧誘のLINEを追加してみた。

LINEを友達追加するとTwitterとは違う、本名を名乗られました。

私もLINEの名前は本名ですが、バーガーとだけ名乗っておきました。

f:id:Toshiki831:20200530233244j:image

さらにトークを進めていきます。

次にこちらに求められたのは「通話」でした。

f:id:Toshiki831:20200530233452j:image

ここまできて引き下がるわけにもいきませんから、通話することに。

ビジネス勧誘と電話してみた。

ここからは通話の内容をざっとお話しします。

最初は軽い自己紹介から入りました。

相手の方も私と同じような男子大学生。

大学名や住んでる地域まで明かしてくれました。

話した内容は

・出身地

・アルバイトの話

・オンライン授業の話

と、言ってしまえばアイスブレイクのようなどうでもいい話。

通話しててひとつ気になった点が。

一番私が気になっている、「スマホで休憩時間に出来るビジネスの内容」を全く話してくれないんです。

一回私は聞いてみました。

「本当に稼げるんですか?」と。

相手は、「何もしないという事がない限り稼げます。」と。

そこまで話してその日の通話は終了。

三者トークしてみた。

通話が終わると、次はビジネスの内容について細かく伝えたいと、第三者を交えたトークに展開していきます。

もっと話術の上手い人がくるのか?となんだかここまでくるとワクワク。

 第三者を含めた三人のグループに変わりました。

三者トークが始まりました。

まずはTwitterで勧誘してきた人が私に向けて「河野さん」を紹介。

f:id:Toshiki831:20200530235649j:image

まず、私は「高崎さん」ではありません。

これはコピペだな と思ってしまいました(笑)

他にもハマってしまう人がいるんですね。

簡単に自己紹介されたあと、3人での通話に入ります。

三者と通話してみた。

 三人のグループ通話が開始されました。

ここでも通話の内容をざっと説明します。

話した内容

・自己紹介

出身や大学生活の話を主にしました。以前とほとんど同じ話をしました。

・アルバイトの収入の話

少しずつ収入の話になってきます。

・第三者経験談

普通に働いて稼ぐ将来はつまらない。もっと楽して稼ぎたい。みたいな話。

・ビジネスの話

私たちは次世代アフィリエイトというビジネスです。主に格安旅行を紹介します。また、年に数回若者が集まってパーティーしますよ。楽しそうでしょ? みたいな話し。

ビジネスの話は確かにしてもらいましたが、詳しい内容を全く話してくれません。

アフィリエイトといっても、スマホを使ってどうやるのか、収益の仕組みはなんなのか。

ここまででちょうど1時間くらい。

三者経験談が長すぎて眠くなった(笑)

私はあいづちしかしてません。基本的に話すのは向こう。DM勧誘の人も黙ってます。

ここで遂に第三者が切り出します。

「今の話聞いてどう感じましたか?」

と、急に私に意見を求めてきました。

私は焦って、「そうですね…楽しそうだし、やってみたいです。😅と言ってしまいました。

すると、

「お!それではこれから私たちと頑張りましょう!初期費用は3万円です。今からコンビニに行けますか?」

と、急に出てきた3万円。

めちゃくちゃ焦りましたが、やりたいと言ってしまったからには辞めるなんて言えません。

いざとなれば切ってブロックすればいい。

コンビニでATMに立ってみた。

とっさに思いついた嘘をついてみました。

「あ、あの…もう少しでバイト行かなきゃなんですけど…手続きってすぐ終わりますかね?」

と、あたかもやる気はあるけど時間がない風に。

三者「あと何分くらい時間あります?」

僕「15分くらいです」

三者「とりあえず電話切らずにバイトの準備してコンビニ向かってください」

僕「わかりました。」

コンビニへ...

僕「つきました」

三者「では指示通りにファミポート(ファミマの機械)を操作してください。まず…」

さすがにそろそろやばい気がしました。

もう振り込み寸前。逃げるしかない。

僕「指示通りの番号入力しても表示されないんですけど…(写真送る)」

f:id:Toshiki831:20200531003343j:image

…勝った😏

三者「あれー?もう時間ないか、番号送っとくからバイト終わったらまた通話してもいい?」「とりあえずバイト行ってらっしゃい」

ここで通話は終了。

その後、私はLINEとTwitterをブロックしました。

まとめ

DMの勧誘が必ずしも悪い組織だとは一概にはいえません。もしかしたら初期費用3万円を振り込むことで本当にスマホひとつで稼げるようになったかもしれません。本当にただのビジネスで規模を拡大しようとしてる人かもしれません。

ただ、みなさんに1つだけ言わせてください。

知らない人にはついていってはいけません。

-未分類

© 2020 BURGER BLOG Powered by AFFINGER5